詰め物・被せ物

FILLING・CROWN詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

補綴とは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
被せる大きさによってクラウン(被せ物)、アンレー、インレー(詰め物)に分けられています。補綴には様々な材質の種類があり、保険診療では部位によって作ることができるものが決められています。

クラウン

e.maxクラウン オールセラミック(二ケイ酸リチウムガラス)
e.maxクラウン オールセラミック(二ケイ酸リチウムガラス)
  • 特に審美性が高い
  • 透過性があり天然歯と見分けがつかない自然さがある
  • 時間がたっても変色しにくい
  • 金属を使用しないので歯ぐきへの着色がない
  • プラークが付着しにくい
  • 金属アレルギーが起こらない
  • 歯ぎしりや噛み合わせの強い方には適さない
ジルコニアクラウン オールセラミック(ジルコニア)
ジルコニアクラウン オールセラミック(ジルコニア)
  • 特に審美性が高い
  • 時間がたっても変色しにくい
  • 金属を使用しないので歯ぐきへの着色がない
  • プラークが付着しにくい
  • 充分な硬さがある
  • 金属アレルギーが起こらない
メタルボンドクラウン
メタルボンドクラウン
  • 内冠が金属でその上にセラミックを焼き付ける
  • 内冠が金属の為、強度が高い
  • 歯肉が下がった時に金属が見える可能性がある
グラディアクラウン ハイブリッドセラミック
グラディアクラウン ハイブリッドセラミック
  • プラスチックとセラミックの複合材料
  • 天然歯とほぼ同等の硬さのため対合歯に優しい
  • 耐久性がやや劣る
ラミネートベニア
ラミネートベニア
  • 歯の表面を少しだけ削って、セラミックの薄い板を張り付ける
  • 主に前歯部に適応
ゴールドクラウン 金合金
ゴールドクラウン 金合金
  • 金属なので十分な強度がある
  • 適合が良いので、むし歯になりにくい
  • 天然歯と同程度の硬さなので、かみ合わせにやさしい
硬質レジン前装冠 保険適応
硬質レジン前装冠 保険適応(前歯部・ブリッジの支台となる第1小臼歯のみ)
  • セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
  • 中身が金属なので強度がある
  • 保険適用なので治療費が抑えられる
  • 裏から見ると金属が見える
  • 長期間の使用で変色することがある
  • 金属アレルギーを起こすことがある
  • セラミックに比べるとプラークが付着しやすい
銀合金クラウン 保険適応
銀合金クラウン 保険適応(臼歯部)
  • 金銀パラジウム合金
  • 金属なので十分な強度がある
  • 保険適用なので治療費が抑えられる
  • 金属部分が目立つ
  • 金属アレルギーを起こすことがある
  • 腐食する為、二次的なむし歯になりやすい

インレー

e.maxインレー セラミック(二ケイ酸リチウムガラス)
e.maxインレー セラミック(二ケイ酸リチウムガラス)
  • 金属アレルギーが起こらない
  • プラークが付着しにくい
  • 変色しにくい
グラディアインレー ハイブリッドセラミック
グラディアインレー ハイブリッドセラミック
  • プラスチックとセラミックの複合材料
  • 天然歯とほぼ同等の硬さのため対合歯に優しい
  • 耐久性がやや劣る
ゴールドインレー 金合金
ゴールドインレー 金合金
  • 金属なので十分な強度がある
  • 適合が良いので、むし歯になりにくい
  • 天然歯と同程度の硬さなので、かみ合わせにやさしい
銀合金インレー 保険適応
銀合金インレー 保険適応
  • 金銀パラジウム合金
  • 金属なので十分な強度がある
  • 保険適用なので治療費を抑えられる
  • 金属部分が目立つ
  • 金属アレルギーを起こすことがある
  • 腐食する為、二次的なむし歯になりやすい