予防歯科

PREVENTIVE DENTISTRY予防歯科

予防歯科

予防歯科とは、むし歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。歯科治療で一番大切だと考えています。

日本は欧米と比べ、予防に対する意識が非常に低いと言えます。
日本ではほとんどの治療が保険適応な為、歯科医院は痛くなってから治療しに来るところだと思っている方が多いのが現状です。定期的なメンテナンスをしている方としていない方では80歳時での残存歯数が大きく変わってくるというデータがあります。生涯ご自身の歯で健康的な生活を送るために、定期健診やクリーニングを心がけましょう。

予防は、自宅で行うセルフケアと歯科医院で行うプロフェッショナルケアに分かれます。セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことができません。歯科医院で定期的にチェックを受け、残った汚れを取り除き、むし歯や歯周病にならない健康な歯を維持していきましょう。セルフケアがほとんどできておらず、プロフェッショナルケアだけ定期的にいらっしゃっても、むし歯や歯周病は防げません。両方しっかり行うことが大切です。まずは、セルフケアがどれくらいしっかりできているかを知ることから始めましょう。その上でコツをお伝えしますので、一緒に頑張っていきましょう。

Self-care

セルフケアのポイントは大きく分けて3つあります。

1.歯垢(プラーク)を除去する
力任せではない正しい歯磨きの実践と適切な道具の選択が大切です。
2.細菌を増やさない
マウスウォッシュなどの殺菌剤で口内の隅々まで洗浄する、唾液でよく潤っているお口の中を維持するようにしましょう。
3.歯の質を強化する
フッ素配合の歯磨き剤を使います。

Professional-care

プロフェッショナルケアでは、以下のことをします。

精密検査

お口の中を全体的に検査していきます。主に、むし歯や歯周治療の確認、噛み合わせやすり減りの確認、被せ物や詰め物の不具合を確認していきます。レントゲンも撮影して、歯の中や歯を支える骨の状態も確認します。前回からどの様な変化があるかを比較します。それにより注意すべきポイントがわかり、適切な指導をすることができます。

歯みがき指導

診療イメージ

歯みがきに自信がある人でも、意外と磨けていないことが多いです。お口をとりまく環境(歯ならび、唾液、生活習慣など)はひとりひとり違うため、それぞれに合った歯みがきの仕方、歯ブラシの選び方をご提案します。

PMTC (Professional Mechanical Teeth Cleaning)

セルフケアでは落としきれていない歯垢を専門の器具を使用して、歯と歯ぐきの隙間まで徹底的にお口の中をきれいにします。PMTC後は歯がピカピカになるため汚れがつきにくくなります。汚れを落とすことで歯本来の白さが戻り、痛みもないため、エステを受けるような感覚でむし歯や歯周治療の予防ができます。

スケーリング

スケーラーという器具で歯石を取り除きます。歯石には歯周治療の原因となる細菌が含まれます。この歯石は歯と固く付いているため歯ブラシでは除去できません。専門の器具を使って、歯石を徹底的に除去します。